話し方教室東京 コラム-リーダーの明確なコミュニケーションの重要性!

リーダーは、必要なことの全てを、正しく、伝える

ビジネスにおいて、明確なコミュニケーションをとることは、物事を迅速にすすめ、落とし穴を回避する。フォーブズでは、そのためのポイントを紹介している。

同記事では、ビジネスオーナー、CEO、起業家など向けに注意したいコミュニケーションについて掲載している。

明確なコミュニケーションの1つは、「全てを伝達すること」。そこにはビジョン・目標・期限・期待など全てを正しく伝達することであり、過剰なコミュニケーションとは異なる。

そのためには「サプライズなし」を心がける。クライアントやチームに「知らなかった」と言われたら、それはコミュニケーションがとれていないという証拠だ。

リーダーは、会議の前に、今後予想される問題点や課題も伝える

もう1つは、「事前のコミュニケーション」にも気をつかうこと。ミーティング前に予想されるハードル、遅延、予算、リスク、および責任などを事前に伝えること。

関係者全員に、問題が発生する前に解決策を提示する機会が与えられるだけでなく、説明責任を生み出し、前向きで信頼できる環境を作る。ミーティングも効率よく行えるようになる。

リーダーは言いにくいことも明瞭にする

そして、コミュニケーションに最善を尽くすこと。時には言いにくいことを言わなければならないが、明瞭にすることは親切であり、リーダーとしての責任でもある。

避けてしまうと人間関係や、ビジネス上の問題を引き起こす可能性があるからだ。

■ 記事関連・話し方講座/社長の高度話力開発・専門特化コース

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会