話し方教室 コラム-オンライン・コミュニケーションも、できるだけ「対面」形式で!

コミュニケーションのデジタル化にいかに適応するか

テレワークなどでコミュニケーションがオンライン化しており、企業はその変化に適応していく必要がある。

BBCでは、コミュニケーションのデジタル化に対し、Web会議などできるだけ「対面」の形式をとることが重要だとアドバイスをしている。

対面でもオンラインでも、非言語的コミュニケーションは重要

スウェーデンのボディランゲージの専門家は、「人々は他の人が言った言葉よりも、言った人の行動に反応することが多い」と述べている。

また別の専門家は、非言語コミュニケーションには2つの概念があると述べる。1つは「他の人があなたのメッセージをどう認識するか」、もう1つは「他の人のメッセージをあなたがどう認識するか」である。

前者に対しては、正確な理解はほぼ不可能であるため、後者をどのように受け止めるかが大切になってくる。それらを実践するためには、対面であれ遠隔であれ非言語的な手がかりが必要だ。

オンラインでも自分自身を見せる、相手の姿勢・態度・表情を読み取る

そのためにはオンライン上でアバターを活用するのではなく、自分自身を見せること、写真でも自身の写真やプロフィールを提示するなどの気遣いが大切だ。

それは小さな行動ではあるが、同僚や上司、マネージャーなどに対し失礼のない、友好的な意志を示す方法であり、円滑なコミュニケーションの第一歩だとしている。

その上で、対面で行ってきたように相手の姿勢や態度、表情などを読み取ることが、相互理解を深めよい職場環境と人間関係を構築することになる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
どうぞご活用ください。