話し方教室東京 コラム-オンライン・ディスカッションを成功させるコツ!

オンラインでの対話は、誤解が発生しやすい

ビデオ会議などテクノロジーを活用したコミュニケーションに依存度が高まっている。ザナショナルでは、オンラインディスカッションを成功させるポイントについて掲載している。

コミュニケーションの専門家によると、オンラインでの会話は、重要な社会的手がかりを見逃す可能性があると警告している。

コミュニケーションは、70~90%が非言語的な手がかりによるもの。ビデオ会議になると、冗談や皮肉、動揺など文脈上に現れる手がかりが掴みにくく、誤解を招く可能性がある。

専門家は、コミュニケーションの基盤は主要な質問から始まっており、信頼関係が重要だと指摘し、成功するポイントについてアドバイスしている。

カメラ位置に気をつけジェスチャーを加える、相手の話をキチンと聞く環境を作る

まずカメラを目の高さにしない、前屈みにならない。手と胴体の上部が見える場所にカメラを配置し、姿勢を正して会話中にはゼスチャーを加える。音声のみ、ビデオのみなど通信の不一致も避けたい。

相手の話を聞く姿勢を示すために、書類や携帯電話などをそばに置かないこと、また相手が集中できるように背景にも気をつかうことが良いとしている。

また笑顔から始めること。前向きであることはコミュニケーションを円滑にする強力な手がかりとなる。声も低めでゆっくりと話すことでインパクトが変わる。

さらに、誤解を招きやすいオンラインでは、常にオープンで素直であることをアドバイスしている。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会