話し方教室東京 コラム-口頭でのコミュニケーションを成功させるコツ!

話す前に頭を整理し、簡潔かつ明確に伝える

口頭でのコミュニケーションはプライベートはもちろん、職場でも価値を生み出すきっかけを作る。それでは、どのようにしたら口頭でのコミュニケーションを成功させられるのか、エリカ・ホーキンズ氏がコールレイルの記事で紹介している。

話す前に考えておくことで、言葉に詰まらず、情報をより簡潔かつ明確に伝えることができる。即席のコミュニケーションでは、考えをまとめることは難しいが、少しでも時間をとってメモなどをとり、頭の中を整理すると良いだろう。

また、相手に理解してもらえるように複雑で難しい言葉を使わず、直接的な言葉で話すことを心がけるべきだ。話す前に「私が主張できる最も明確な方法は何か?」と自問すると良い。

自信を持って話し相手との信頼関係を築く、声のトーンを工夫する

自信を持って話すことは、信頼を築き、相手から尊敬されることにつながる。単語の選択、ボディーランゲージ、相手と直接アイコンタクトをとる能力など、自信を持って話しているように見える方法はいくつかある。

また、単調な声のトーンで話すと相手を退屈させてしまうため、抑揚を付けて重要な部分は強調するように話すと良いだろう。声の高さを変えて感情を表現することで、相手がメッセージに関心を持ち続けることもできる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会