話し方教室 コラム-パブリックスピーキングで、聞き手に強い印象を与える秘訣!

パブリックスピーキングとは、情報を共有するために伝えること

「ベターヒューマンズ」では、パブリックスピーキングにおいて聞き手に強い印象を与えるには、話し手自身の考えやアイデアを聞き手に対して効果的に伝える必要があり、聞き手の行動変容に繋がる情報伝達と情報共有が重要になると説明している。

パブリックスピーキングは、「情報伝達」「説得」を目的とする。つまり、パブリックスピーキングは「情報を共有すること」を目的として、「伝えること」が手段となる。

しかしながら、実際のところ「伝える」「教える」は異なる行為であるにもかかわらず、「知識や情報を教えること」を目的として、話し手が聞き手に情報を提供するケースが少なくない。

話の構成・展開はシンプルに、一貫性ある内容にすること

パブリックスピーキングでは、話し手の考えやアイデアを聞き手に伝達して共有する。それゆえ、伝える情報を整理して纏め、明瞭簡潔な説明を意識しながら相手が理解できるように話す必要がある。

話の構成・展開はシンプルに、伝えたい情報を整理して一貫性のある内容に集約する。情報を盛り込み過ぎたり、構成を作り込み過ぎたりすると内容が複雑化し、聞き手に伝わりにくくなる。複雑な話に聞き手は興味・関心を損ない、集中力は続かず、理解や共感も得られない。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症克服専門・話し方教室(初心者スピーチコース)

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
どうぞご活用ください。