話し方教室東京 コラム-職場における効率的なチームコミュニケーションを実現する!

リーダーがチーム及び個人間の信頼関係構築に務めよ

職場においてチームコミュニケーションが健全でないと、生産性と効率性に支障をきたす場合がある。では如何にして効率的なチームコミュニケーションを実現するのか、その方法をファラーナ・サイド氏が1月3日のトゥループメッセンジャーの記事で紹介している。

チームコミュニケーションをより効率的なものにするには、チームを率いるリーダーが前向きな姿勢でコミュニケーションがとれる環境やスキルの構築に務めなくてはならない。チーム及び個人間で信頼関係がきずける工夫をするべきだ。

またチームメンバーはそれぞれが、どういった人間であるかを伝え、互いに共感して公正な関係をきずくことが大切。信頼関係がないとコミュニケーションによる情報の流れが途絶え、労働環境に大きな影響が及ぶからだ。

多様性を尊重した上でコミュニケーションをとること

職場環境にポジティブな雰囲気を生みだすためには、多様性を尊重することも求められる。チャットツールの使用を好む人もいれば、対面して会話することを好む人もいるため、可能な限りそれぞれに合わせたコミュニケーションをすると良いだろう。

また、チームが大きなプロジェクトや複数のタスクに取り組んでいるときには、各メンバーが目標や期限などをしっかりと把握する必要がある。それぞれの役割・責任・義務についても理解して、必要な情報などをシームレスに交換することで、時間の節約と生産性が改善されると言える。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会