話し方コラム|職場のコミュニケーションを改善し、仕事を効率的にする!

他人の意見を積極的に聞く、不平不満をやめる

職場でのコミュニケーションは、ときとしてあまり重要視されていないことがある。しかし、それを改善することで、仕事の質や効率に良い影響があるとして、アンジェラ・カッパー氏が9月21日のライフハックの記事で幾つか方法を紹介した(2018/09/21)。

まず、常に人の意見などを、積極的に「聞く」姿勢を持つことが大切。ボディーランゲージや顔の表情などだけに集中するようでは、重要な点を理解しないまま終わってしまう。相手を理解するように努めると、言葉以上に込められた意味をつかむことが可能だ。

また、職場や同僚との関係を悪くするため、不平不満を口に出すのは避ける。もし、どうしても我慢ができない場合は、紙などに書いておくと良いだろう。

話すときはユーモアを交えて、言葉を選ぶ

あなたが話すときは、ユーモアを交えて話すことを心がけると良い。誰でも「笑い」を嫌う人はいない。ユーモアによってお互いの壁をなくすことで、コミュニケーションがスムーズに進み、仕事における協力関係も強化されると言える。

また、あなたが発する言葉に注意しておくべきだ。不要な言葉などを可能な限りなくせれば、相手が勘違いするリスクを減らすことが可能。場合によっては、専門用語を使用せず誰でも分かる内容にすることも重要だ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/職場コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会