話し方教室東京 コラム-職場でのコミュニケーションは、相手の感情を理解して行え!

職場で話をするときは、スピーチをするように要点をまとめ明瞭に話す

ビジネス向けメデイア「テックレーダー ドット プロ」では、職場を中心としたコミュニケーション方法についてまとめている。重要なのは相手の感情を理解することであり、スピーチ、ヒアリング、交渉においても効果を発揮する。

まず、職場で話をするときはスピーチをするように要点をまとめ、明瞭にする。特に重要な会話では、聞いている関係者に配慮し専門用語や流行語は避け、分かりやすく話すことだ。

自分の感情をコントロール、相手の感情を読み取り尊重して良い関係構築を

また、コミュニケーションで重要なのは相手の感情を読み取り、尊重することである。自分の感情をコントロールすることはもちろんだが、相手の感情を理解することでそれぞれの信念や価値観を認識できるため、結論を急ぐことなく話し合いができる。

自分が聞き役になる場合は、真摯に聞くだけでなく相手に質問などを投げかけ確認し合うこと。聞き上手になることで、相手も信頼し適切に自身を表現しやすくなる。

ボディランゲージや口調も、相手の感情を読み取るヒントになる。小さな動きやアイコンタクトなどから相手が満足しているか、不安を感じているか、喜んでいるかなど敏感に気づくことができれば、交渉などの場でも役に立つ。

1日の多くを過ごす職場でのコミュニケーションを見直し、スキルを磨くことで、仕事以外でも人間関係の構築が改善できる。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会