話し方教室東京 コラム-女性が職場の同僚とのコミュニケーションを改善するコツ!

女性は自身の言語スタイルと、発言の影響力を理解すること

職場において、同僚などと情報共有する場合は、しっかり計画し考えた上で行う必要がある。では、効率的なコミュニケーションを実現するには、どのようにしたら良いのか、その方法を女性にフォーカスをあてて、ティファニー・コードン氏がマイヘイロの記事で紹介している。

まずは、あなた自身の「言語スタイル」を理解しておくことが大切だ。「言語スタイル」にはストーリー、単語の選択、直接性というものがあり、職場のグループにミスがあると、女性は男性よりも「申しわけありません」と言う傾向がある。そのため、あなたが言うことの影響力に気づいておかなければならない。

誤解を避けるには、直接的なメッセージの伝え方をすること

多くの女性は同僚と話すときに、メッセージの内容を柔らかくして伝える傾向にある。そのため「そのレポートは木曜日までに完了する必要があります。」と直接的に伝えると良い。そうすることで、誤解が少なくなると言える。

また、「私」というものを持ち、意思をしっかりと相手に伝えるべきだ。仕事でのメッセージの明確性と、直接性を向上させることが、いかに役立つのかを理解すると、あなたのキャリアを進める上でも行動に変化が現れるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/あがり症専門・話し方教室(初心者話し方コース)

■ 話し方コラム提供/話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会