話し方教室東京 コラム-職場でのコミュニケーションは、リーダーが手本になれ!

リーダーは話の中身と、ボディーランゲージを一致させること

職場においてリーダーが効率的なコミュニケーションをとっていなければ、従業員もついてくることはない。ではどのように点に気をつけて、ロールモデルとなっていくのか、その方法をギャリー・ゴー氏がザエデュケーター・オーストラリアの記事で紹介している。

まず、話している内容とボディーランゲージが一致しているかを確認し、あなたの考え、感情、行動が従業員に与える影響を知っておかなければならない。

また、会話をすることが重要であるとしっかりと認識し、信頼を高め、情報の信憑性を高めることに注力すると良い。あなたの話していることが、どれだけ重要であるか示し、意図を明確にすることで、従業員の生産性も高めることができるだろう。

従業員の話を傾聴し、仮定の話をする時は前提を明確にすること

従業員の話に耳を傾けて「聞く」ことで、彼らが何を望んでいるのか把握でき、それに合わせて、リーダーの仕事の方法を示すことができる。

また、仮定を明確に示すことで、会話の内容に曇りがないようにできる。明確な仮定から、スムーズに結論や提案につなげることができ、従業員も受け入れやすくなるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/職場コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供