話し方教室東京 教養講座-起業して間もない会社が顧客とのコミュニケーションを改善するコツ!

顧客と人間同士の関係を構築し、ネガティブなフィードバックにも対応する

スタートアップ企業であるなら顧客へのアプローチ方法からフォローアップ方法などを通じて、強力なコミュニケーションをすることで製品やサービスを気に入ってもらえるようになる。ではスタートアップ企業が顧客とどのようにコミュニケーションをとっていけばいいのか、その方法をアレン・ブラウン氏がクレイジー アバウト スタートアップスの記事で紹介している。

顧客をデータ収集のために、「人」としてではなく「統計」として扱う会社がある。顧客をしっかりと人として認識し、関係性をきずくことに注力しなければならない。そのためには、新しいプロモーションを発信したり、フォローアップをしたりすると良いだろう。

また、ネガティブなフィードバックであってもしっかりと対応するべきだ。そうすることで、新しいアイデアなどにつながったり、顧客からの評価を高められたりするため、オープンマインドで話を聞く姿勢を忘れてはならない。

多様なコミュニケーション方法を用意し、ポジティブな言葉使いを

スタートアップ企業であってもスムーズにつながれるように、顧客の声を聞きつつ様々なプラットフォームを用意すると良い。Facebookのメッセージ機能や電話など、多様なコミュニケーション方法が選択できるようするべきだ。

また、ポジティブな言葉を使ってクレーム対応などに臨むと効果的だと言える。例えば「必ず!」や「頑張ります」、「質問についてチーム内で相談します」などと言うと良い。特に製品やサービスの技術的なことを説明する際には、簡単な言葉を使うとよりコミュニケーションがスムーズに行えるようになるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教養講座提供/©話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教養講座・スタッフ委員会