日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

世界の話し方教室:クライアントと良好な関係を保つコミュニケーション術

 
大型連休でクライアントとの関係悪化の可能性も
デジタル・コマース(電子商取引)において、大型連休シーズンを経て、電子仲介業と取引先や顧客などクライアントの関係が悪くなる可能性は少なくない。

Astound Commerce副社長のレジ・ジェイムス(Reji James)氏は、「MARTECH ADVISOR」にて、電子商取引における電子仲介業が大型連休シーズンを前後して、クライアントと良好な関係を保つコミュニケーション術を紹介している。

電子仲介業は、クライアントに対して頻繁に連絡をとることにより、効率的で肯定的なコミュニケーション関係が維持できるという。

 
画像:Pixabay
 
相手に応じた連絡手段・頻度でコミュニケーションをはかる
クライアントによって、連絡手段・頻度の都合は異なる。

ジェイムス氏は、電子仲介業に対して、電子商取引の開始時にクライアントとの連絡手段・頻度に関する指標を設定するよう推奨している。

毎日のメール連絡、週に一度の電話連絡など相手の都合に応じた時間や好ましい手段による連絡は良好な関係を保ち、一方的なコミュニケーションは避けることができる。

勤務形態が異なるクライアントへの対応を整備する
小売業にとって、大型連休シーズンは書き入れ時であり、繁忙である。

一方、電子仲介業は大型連休が休日である場合が多い為、通常よりも効率的で肯定的なコミュニケーション関係を維持するように心掛ける。

クライアントに対して、取引期限・期日を厳守し、担当者の不在時も対応できるように体制を整える必要があるという。

相手に対する理解と効率的コミュニケーションで関係構築
電子仲介業は、クライアントの状況に応じて契約や取引内容などを調整し、最善策を提供しようとする姿勢が重要である。 

大型連休シーズンの対応は、クライアントとの関係に大きく影響する。クライアントの要望に応じた対応であった場合、クライアントから信頼が得られ、その後の関係は強固になる。

対応に失敗があった場合は、対応を見直し、業務改善を行い、クライアントの信頼回復に努める。

相手に対する理解、効率的なコミュニケーションにより、良好な関係が構築できる。

■外部リンク
MARTECH ADVISOR
https://www.martechadvisor.com/


コミュニケーション経営なら話し方教室の名門日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ワールドニュース・スタップ委員会/コミュニケーション経営

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。