話し方教室「成功するリーダーは、コミュニケーション能力が高い!」(話し方ニュース東京)

組織におけるリーダーシップ、その指針とは

組織の円滑化、組織力の強化において、リーダーシップやマネジメントは重要となる。「ハーバード・ビジネス・レビュー」では、リーダーが重視すべき指針について紹介している。

独自のリーダーシップ哲学の確立を

優れたリーダーは、優秀な指導者であるといわれる。また、リーダーシップの長期的目的は、成果を上げるチームビルディング、長期的価値の創出、次世代リーダーの育成である。

著名な経営コンサルタントであるトム・ピーターズは、リーダーシップの目的をリーダー育成と考えている。優れたリーダーは、他リーダーの育成に身を投じるという。

その為、リーダーは、独自のリーダーシップ哲学を確立することが重要となる。周囲に影響を与えるには、リーダーとしての役職に基づく権限が求められる。

リーダーが不安な感情を抱くことは自然、恐れることはない

一方、リーダーの手腕は、チームの成果を左右する。リーダーには肯定的・否定的両側面の影響を与える力があり、チームの方向性や目標設定において抱く不安は自然な感情である。

不安と確信は表裏一体であり、不安など否定的な感情が肯定的な変化を生み出すといわれる。リーダーは不安な感情を恐れることなく、謙虚で正当な評価、均衡のとれた見解を心掛ける。

リーダーには、コミュニケーション能力と共感力が不可欠

成功を収めるリーダーは、コミュニケーション能力が高い。特に、共感力は必要不可欠である。固定概念による判断を控え、相手の立場にて物事を捉えることで、共感力は高まる。

共通認識をもつチームは、チームの目標達成に対して高い成果を上げられる。リーダーは、チームにおける共通の価値観や共通基準を定めたうえで、チームの方向性や業務における優先順位を明確に示すことが重要である。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタップ委員会