話し方教室「デジタル時代のリーダーに必要な効果的対話術・コミュニケーションスキルとは?」

リーダーの効果的コミュニケーションスキルとは

米国を本拠地としたビジネス関係のウェブマガジン「ビジネス・ドットコム」は10月24日、現代のリーダーのために、効果的な対話術をまとめた記事を掲載した。

ペースの速いデジタル時代において、私たちは対話の技術を失いつつある。そんな中で、ビジネス界のリーダーは効果的なコミュニケーションスキルを身につけることが必要だ。そのための努力や準備にはポイントがある。

最初のポイントはまず相手の話を積極的に聞くことだ。静かに相手の目を見ながら意識的に自分の考えを抑え、相手や相手が言いたいことに対して前向きな姿勢で、有意義な関係を築く努力をする。

自分が発言するときには、内容を盛りすぎると相手にとって分かりにくくなるから、簡潔に表現することが重要だ。聴き手にこれまでの経験による信頼感があれば、くどくどした説明は必要ない。

聞き手が行動しやすいように「話の内容の重点」をはっきりと

次のポイントは、間を置きながらゆっくりしたペースで話すことと、言葉の内容にマッチしたボディ・ランゲージで発言の効果を高めることだ。

会議での発表などがある時に信頼できる友達を相手に練習してコメントしてもらうとか、練習場面を録音・録画して分析するなどの方法も効果がある。

最後のポイントは、話の内容の大事な点をはっきりさせ、それを明確な話し方で伝えることだ。話の構成がうまくできると、聴き手は次にどんな行動を取れば良いかが明瞭に分かる。それには、聴き手が何を求めているか、重要な情報は何か、などを事前に理解しておくことが決め手となる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタップ委員会