日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

リーダーシップの話し方教室|リーダーにはオープンコミュニケーションが必要である

 
ビジネスにおけるコミュニケーションの重要性
ビジネスにおいて、コミュニケーションは非常に重要である。経営者や経営責任者などビジネスリーダーは、自己の思考を整理・可視化し、周囲に言葉で伝えることが求められる。

円滑なコミュニケーションによりリーダーの指示が的確である場合、周囲は最大限の成果を出し、仕事の効率性や生産性は高まる。また、周囲はリーダーに対して、リーダーは周囲に対して、肯定的に評価する。

「Training Journal」では、リーダーシップにおける良好な人間関係の構築や円滑なコミュニケーションスキルについて教授する。

 
リーダーシップ/イメージ画像:pixabay
 
相手の話を傾聴し、支援型リーダーになる
新入社員や中途採用社員、新規チームメンバーなど初対面において、ビジネスリーダーは意識的なコミュニケーションを心掛ける。小休憩・昼休憩などコミュニケーションの機会をつくり、相互理解を図る。

合わせて、初対面にて、リーダーは相手の話を傾聴する姿勢を示し、支援型リーダーである印象を与えることが重要である。

職場の上下関係とプライベートの友人関係を区別する
職場の人間関係において曖昧な線引きは、信頼関係を壊す要因に成り得る。リーダーは、職場の上下関係とプライベートの友人関係を明確に区別したうえで、周囲とオープン・コミュニケーションを図る必要がある。

感情に応じて周囲とのコミュニケーションのあり方を変える
優秀なリーダーであっても、疲労やストレスによって気持ちが沈む、感情が昂る時はある。

負の感情が強まり、相手に不快を与える可能性がある場合、感情が落ち着き、冷静になるまで、周囲とのコミュニケーションは控えるのが好ましい。

感情コントロールが不可能であるうちは、相手の話に対する返答、問題や課題の解決は、先延ばしにする。
仕事の成果とリーダーの言動は相関関係にあり、リーダーは自己の精神状態に応じて対応を変えることが重要である。

■関連リンク Training Journal https://www.trainingjournal.com/

まとめ/話し方教室の視点:ビジネスリーダーのコミュニケーションのポイント

話し方教室:リーダーのコミュニケーションのポイント

記事は、リーダーのコミュニケーションのあり方について述べている。ビジネスマンには、特に以下の点が参考なるのではないだろうか。「
優秀なリーダーであっても、疲労やストレスによって気持ちが沈む、感情が昂る時はある」というところだ。

記事は、対策も2点示している。

①(相手に不快を与える可能性がある場合は、)感情が落ち着き、冷静になるまで、周囲とのコミュニケーションは控えること。

②(感情コントロールが不可能な場合は、)相手の話に対する返答、問題や課題の解決は、先延ばしにすること。

仕事の成果とリーダーの言動に相関関係があるのは事実。

だから、リーダーは、まず自分自身で自己の精神状態を判断できることが大事になる。次にその状態に応じて、相手への対応を変えることが必要になってくる、というわけだ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。