話し方教室「ITリーダーに必須のコミュニケーション能力開発」(話し方ニュース東京)

技術者のコミュニケーションスキル

ザ・エンタプライゼス・プロジェクトは2月5日、ITリーダーに近年求められているコミュニケーション、思いやり、心の知能指数(EQ)などを身につけるには、どうすればよいのかアドバイスを掲載している。

ITリーダーのコミュニケーションスキル問題

コミュニケーションスキルでIT部門は後れをとっている。

これまで求められるのはハードスキルのみだったのが、ITがあらゆる分野に浸透してきたことから、その価値を広く伝える能力、つまりコミュニケーションスキルが追いつかないというのが現状だ。

この記事ではコミュニケーションスキルを向上させるための、基本的なアドバイスを行っている。まずは手法を学ぶのではなく、「練習」することだという。

IT企業・コラブネットのCEOは、ソフトスキルの開発は「忍耐」が必要だと述べている。学習は可能だが、一晩で成就することはないからだ。パーフェクトをゴールにする必要はなく、練習というプロセスを作ることが改善を保証するという。

コミュニケーションのフィードバックをもらい、交流すること

また信頼する同僚や友人、家族にコミュニケーションのフィードバックを求めることも有効。

その中でもよいアドバイザーを探すとよいとしている。アドバイザーは同業者や経験者である必要もなく、ましてや年上である必要もないという。重要なのは時々頼れる存在、支えがあることだからだ。

そしてできる限り会社の外に出て、たくさんの人と交流することだとしている。

話し方教室の要点「ITリーダーのコミュニケーション能力開発のポイント」

ITに従事する人達のコミュニケーション問題が指摘されている。もう何十年も前から、SEやプログラマーのコミュニケーション問題は言われて来ているので、目新しいことではない。

技術に携わる人達は、どうしても機械や器機に興味がいき、人に対しての興味がおろそかになりがちだ。その結果のコミュニケーション問題なのだ。

記事では、解決策は練習と忍耐と言っている。

本学からも、アドバイスを贈ろう。
practice,practice,practice,and practice

どうぞ、頑張ってください。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会