ビジネスコミュニケーションの話し方教室|顧客と双方向の良いコミュニケーションを確立するには? - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|顧客と双方向の良いコミュニケーションを確立するには?

顧客のフィードバックを大切にすることが、双方のメリットに
事業主は顧客の声に耳を傾けることよりも、販売のことだけを考えて突き進む人が多い。

Startup Professionals, Inc.の創始者でCEOでもあるMartin Zwilling氏は、顧客とのコミュニケーション方法を変えるだけで、その後の会社の成長に大きくつながるとし、AlleyWatchの7日の記事では、その方法などが紹介されている。


販売のことだけを考えることはごく簡単なことである。しかし、積極的に顧客の話に耳を傾け、フィードバックを何より大切にすることで、双方にとって良いコミュニケーションが取れるほか、強固な関係性もきずけるとしている。


 ビジネスコミュニケーション/画像:AlleyWatch
 
会話の際のボディーランゲージに注視し、話し方に工夫を
会話(口)によるコミュニケーションよりも、ボディーランゲージが全体の60%から90%を占めると、ボディーランゲージに関する調査から明らかになっているため、注視が必要だ。

また、あまりにも素早く相手の言ったことに返答したり、反応したりすると、話をしっかりと聞いてもらえていないというマイナスな印象を与えてしまう。

更に、話が終わってしまう「なぜ」ではなく、相手の商品やサービスに興味を示す「なに」を使うようにし、話を広げるように努めると良いとしている。


■関連リンク AlleyWatch http://www.alleywatch.com/ 

まとめ/話し方教室の視点:顧客とのコミュニケーションのポイント
話し方教室:コミュニケーションのポイント

記事は、よりよく売るためには、販売のことだけを考えずに、顧客の声に耳を傾けフィードバックを得ることが大事、と述べている。

世界的に、伝統的に、よく言われる言葉に「口は一つ、耳は2つ。だから、話すことの2倍、聞くことが大事」というものがある。

これが古今東西を問わず、よく言われるということは、「人間というものは、他人の話を聞くよりも、自分の話をしたがる生き物」ということの証なのだ。

では、顧客の話を聞くにはどうすればいいのか。本学では、こうお教えしている。「聞く⇒話す⇒聞く」のサイクルを回せと。

いつも「聞く、話す、そしてまた聞く」。これを意識すれば、顧客からのフィードバックを得ることはずっと簡単になる。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会  

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。