話し方教室「優れたコミュニケーターのコミュニケーション能力とは?」(話し方ニュース東京)

優れたコミュニケーターは相手の言外のメッセージを読み取る

より良いコミュニケーターは、会社に利益をもたらし、自身も成功を収める。

ではどのようにして効率的なコミュニケーションをとるのか、マネジメント関連の著書を執筆してきたピーター・エコノミー氏が、その方法を22日のインクの記事で紹介した。

コミュニケーションは口で話すものが全てではない。姿勢やアイコンタクトなど、相手が言葉以外で発しているメッセージを読み取る力も必要だ。優れたコミュニケーターは、話すことよりも、その裏側に存在するものが重要であると、しっかり理解できていると言えるだろう。

優れたコミュニケーターは、「聞く」能力に長けている

また、優れたコミュニケーターは自身だけでなく、ほかの人も理解できるように、物事を明確にする質問を投げかける。

そうすることで、誤解や思い込みを最低限に抑えられるからだ。そして、相手の知識やアイデアなどを引き出し、より理解を深めるため、「聞く」能力に長けていることが多い。

「話す」ことと「聞く」ことに関して、効率的なバランスを知っているからである。このように、聞く姿勢を示すことで、相手に良い印象も与えられるだろう。

話し方教室の視点「優れたコミュニケーションスキルを持っている人のポイント」

1.コミュニケーションでは姿勢やアイコンタクトなど、相手が言葉以外で発しているメッセージを読み取る力が必要。優れたコミュニケーターは、話しの裏側に存在するものが重要であると認識している。

2.優れたコミュニケーターは自身だけでなく、ほかの人も理解できるように、物事を明確にする質問を投げかける。相手の知識やアイデアなどを引き出し、より理解を深めるため、「聞く」能力に長けている。

コミュニケーションスキルには、言語的要素と非言語要素とがある。優れたコミュニケーターは、そのいずれも駆使できる。話し手であっても、聞き手になっても、である。つまり、「話し手」として言語で簡潔明瞭な伝え方ができるし、また話す内容に適したボディーランゲージを用いることもできる。

さらに、「聞き手」としては的確な言葉による質問を投げかけ理解を鮮明にできるし、会話の際にあなたの話をちゃんと聞いてますよのボディーランゲージを使えるわけだ。

誰しも、初めから優れたコミュニケーターであるわけがない。要は、意識的に訓練をしてきたかどうかである。優れたコミュニケーターを目指す方なら、コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院で学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会