話し方教室東京 コラム-顧客との効果的なコミュニケーションを実現する!

顧客とのコミュニケーション・ポリシーを明確にし、伝えること

優れた顧客サービスを提供するには、優れた顧客体験の核となる明確なコミュニケーションをとることが大切だ。ビジネス・パートナー・マガジンでは、どのように顧客との効果的なコミュニケーションを実現するのか、いくつかのポイントを紹介している。

顧客とコミュニケーションをとるときには、どういったサービスをどれくらいの時間で提供できるか明確に伝えるべきだ。遅れが生じる際には、可能な限りそれを伝える。問い合わせに「24時間以内に対応する」ことと、「24時間以内に対応することを顧客に伝える」ことは異なるという認識を持つと良いだろう。

顧客と効率的にコミュニケーションをするためには、出張中や外出自粛時にも顧客と連絡がとれるようにするモバイル作業ツールを導入すると良い。どんな環境であってもデジタル署名を取得したり、重要なドキュメントの送信ができたりするからだ。

どれだけうまく話すかよりも、どれだけ顧客の話を聞いて理解を示すかの方が大切

顧客とはプロフェッショナルとフレンドリーな対応のバランスを考えてコミュニケーションをとるべきだ。プロフェッショナルな口調や言葉選びは維持するが、個性をだすことは厭わないようにしたい。

最高のセールストークや顧客とのコミュニケーションを実現するには、あなたがどれだけ顧客のことを良く聞くかが大切。顧客はあなたがどれだけうまく話せるかではなく、どれだけ理解を示してくれるのかを重要視しているからだ。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/ビジネスコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供