話し方講座コラム-コミュニケーション・スキルの改善に向けてやるべきこと

適度なアイコンタクトは関係を強化する

コミュニケーション・スキルは、学校の科目などになることがなく、軽視されがちだ。しかし、アリゾナ大学の調査によれば、社会的なスキルとして精神的及び肉体的な健康改善にも寄与する重要なものだと分かっている。では如何にしてコミュニケーション・スキルを改善していくのか、サイエンスベータが記事で、その方法を紹介している。

アイコンタクトは、脳の活性化を同期させて、個人間のつながりを強化する効果があると言われており、適度なアイコンタクトをすることで、相手とのコミュニケーションに集中していると示すことができる。

また話を展開させるためには、自由回答形式の質問をする必要がある。「はい」や「いいえ」だけで答えられる質問をしないことが大切だ。

コミュニケーションの目的を明確にし、相手の話を正確に理解する

コミュニケーションしている目的を知っておく必要がある。ビジネスで取引の交渉をする場合など、それらをしっかりと認識しておくだけでも、何を話すべきなのかが明確になるからだ。

また、相手の話の内容を誤解することは簡単だ。そのためしっかりと理解できているか、質問したり、説明を求めたりして確認すると良い。相手の話したことを口にだして、聞き返すだけでも効果があると言える。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会