話し方教室コラム-良いコミュニケーションをするためのヒント

コミュニケーションでの話し方

コミュニケーションは人生の様々な場面で行われ、口頭や書面でのコミュニケーションやボディーランゲージなど、幾つかの方法も存在する。自身だけでなく相手のことを考え、より良いコミュニケーションを実現させるために役立つヒントを、リン・ブルーインズ氏がホテリエ(ホテル経営者)の記事で紹介している。

コミュニケーションは1人だけでは成り立たず、相手とつながりを持って話す必要がある。誰が目の前にいて、どのような人物なのかを考えるだけで、何を話すべきなのかが分かり、その内容も変わってくるだろう。

また、コミュニケーションは人と人のつながりで、感情を持って行うものだ。そのため、自身を良く見せようと偽って話すと、状況を悪化させかねない。しっかりと本当の自分をさらけだし、アイデアや考えを示すべきだ。

コミュニケーションでの聞き方

コミュニケーションは一方通行ではないため、しっかりと相手の話を聞くことにも力を入れて、フィードバックに対しても受け入れるポジティブな姿勢を示す必要がある。

また、相手に内容が伝わるよう大きな声を出したい。さらに、ボディーランゲージは、コミュニケーション全体の80%を占めると言われるほど重要である。そのため、言葉だけでなく、あなたの身体全体がメッセージを発信していることを忘れてはならない。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会