話し方教室 コラム-リーダーはコミュニケーションスキルを向上させよ!

優れたコミュニケーターは「聞く」ことに長けている

優れたコミュニケーションスキルを持つ人は、人生のあらゆる場面で力を発揮するが、その代表的な例が職場だ。リーダーが優れたコミュニケーターであれば、職場の従業員全員をしっかりと先導できる。ではいかにして、コミュニケーションスキルを向上させるのか、その方法を、マット・アポダカ氏がライフハックの記事で紹介している。

まず、優れたコミュニケーションスキルを持つ人は、同時に優れたリスニングスキルも持っている。しっかりと相手の話している内容を理解し、的確な質問を投げかけることができる。積極的に相手の話に耳を傾けることで、互いの時間などを無駄にすることがなくなるだろう。

また話している相手がどのような人なのか把握することも大切だ。それによって使う言葉やボディーランゲージに変化がつけられる。

話は簡潔にまとめること、時には過剰なコミュニケーションも必要

あなたが話すときは簡潔にまとめることを忘れてはならない。あまりにも多く話してしまうと、多く質問をしたときよりも相手が混乱してしまう。コミュニケーションは情報共有であり、明確に行うことが大切だ。

また一方で、過剰なコミュニケーションが求められる場合もある。これは、共有している情報を相手が確実に理解できるようにするためで、簡単かつ効率的に行うことができる。

あるイベントがあったとして、基本的に同じ情報を記載したフォローアップメールを2通送信。開催の1週間前にも3通目のメールして、開講日の1日前にも別のメールを送る。こうすると最小限の情報になるが、受け取り側は確実にそのことを忘れないという効果がある。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の・2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会 提供