話し方教室東京 コラム-話し方・聞き方のスキルを改善し、相手との関係性を深める!

伝えたいことを明確にして話す、相手の話をしっかりと聞く

コミュニケーションを取る際に認識しておくべきことは、そのコミュニケーションが相手との関係性に大きな影響がおよぶということだ。では、より良いコミュニケーションをとっていくにはどうしたら良いのか、その方法をクンダリニー リサーチ インスティテュートが記事で紹介している。

まずはあなたが相手に伝えたいことを明確にして、コミュニケーションに臨まなくてはならない。何を伝えるのかが明確になったら、それを効果的に伝える方法を考えると良いだろう。

また、相手が伝えたいことも確実に理解するため、しっかりと話を聞いくことも大切だ。相手の話を理解した上で話すと、どのように回答すれば良いのかも分かるようになる。

短いセンテンスで「間」を取りながら話す、声のトーンを使い分ける

あなたが話す際には、相手が受けとっている情報を処理する時間を与えることも忘れてはならない。可能な限り短い文章にして、文章を続ける前に「間」をあけるようにすると良い。

また、声のトーンは恋人と話す場合と、会議中に同僚と話す場合とでは変化をつけなければならない。おそらく年配の人と話す場面では、声を通常よりも大きくしなければならないだろう。話す相手や状況に応じて声のトーンを変えるようにするべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会