話し方教室東京 コラム-企業で最も重視されるソフトスキルはコミュニケーションスキル!

ソフトスキルで最も大切なものはコミュニケーションスキル

ソフトスキルは、ビジネスでも人生でも有用性のあるスキルだ。基本的に、ソフトスキルは歩んできた人生から作られるものであり、態度やマナーは形成された人格の延長にある。それを企業文化の中でどのように活かすかが重要だ。

テランガーナ ツデイでは、ある起業家が組織での雇用から昇進まで評価として重視しているソフトスキルについてまとめている。

まず必要なのは良好なコミュニケーションで、全てのソフトスキルの中で最も大切なものだ。同僚や顧客との関係を構築するために、組織の中ではプレゼンターであると同時に、状況に応じてリスナー、ネゴシエーター、ライターにもなる。

リーダーシップや積極的心構えも大事なソフトスキル

リーダーシップの資質も組織では重視される。これは権威が与えられると同時に誠意を持つことが求められる資質で、仕事をやり遂げる強い意思も必要だ。その目標のために采配を振るう力とチームをまとめる力が試される。

ほかにも、前向きな姿勢を維持する能力が問われる。動揺すると判断を見誤り、負のスパイラルに陥ってしまう可能性がある。すぐに結果に結びつけようとするのではなく、冷静さと忍耐を保ちながらチームや状況に応じて現状の課題と向き合う姿勢だ。

ソフトスキルは、高い道徳基盤を維持しながら仲間とどのように関係を築いていくかという能力にある。これが個人の成長を助け、チームを助け、企業の成長につながっていくからだ。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会