話し方教室東京 コラム-コミュニケーションスキルを改善し、考えを明確に伝える!

自分の持つ知識を話し、相手に「聞く」ことで理解を確認する

コミュニケーションを取る際に、口はいくらでも動いて話せるが、頭で考えていることを明確に伝えるのは非常に難しい。そこで、コミュニケーションスキルを改善して、如何に効率的かつ明確に物事を伝えていくのか、その方法を「ソシオロジーコーナー」が記事で紹介している。

物事を教えるときに基礎を教えることは重要だが、効果的なコミュニケーターとして必要なことは、自身の持つ知識を話すことが大切。人に教えたり、アイデアや知識を共有したりできるのは、知識の範囲内のことが限界だからだ。

また、あなたが話した内容に不明確なことがないか、相手に聞くと良い。また、あなた自身が確信を持てないのならば、冗談にして笑いを誘うようにすれば、無難にその話を進めることができるだろう。

自分の「声」を聞き慣れておく、良いロールモデルを見つける

お風呂の中で歌う人も多いかと思うが、その代わりに話す練習をしておけば、あなた自身の声に聞き慣れることができ、実際にコミュニケーションを取る際にストレスレベルを減らせるほか、スムーズに言葉を発せられるようにもなる。

また、話し方や声のトーンの使い分けなどを参考にできる良いロールモデルを見つけることも、より良いコミュニケーターになる方法の一つだと言える。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会