話し方教室東京 コラム-効果的な対話・コミュニケーションを実現せよ!

対話の際は相手に何を求めているかを明確にして、遠回しな表現をしない

プライベートやビジネスにおいて、コミュニケーションは欠かすことのできないもので、効果的かつ効率的なコミュニケーションを行わないと、相互に誤解を生み、大きな問題につながってしまう。

ではどのようにしたら効率的なコミュニケーションを実現できるのか、その方法を、ミシェル・マロス氏が「ピースフルマインド ピースフルライフ」の記事において紹介している。

自分が何者で何を求めているのかを明確に把握することで、どういったコミュニケーションをとらなければならないのかが明らかになってくる。その上で話す際には遠回しな表現をせず、伝えたいことをはっきりと話すことが重要だ。

理解できない部分は質問で明確にする、相手への敬意を忘れず正直に話す

もし理解できなかった部分があれば、それを諦めるのではなく、質問をして明確にすることが大切。どのような状況であれ、さらなる情報を求める際には、質問することを忘れてはならない。

また、正直に話していることは相手に対する敬意の表れであり、それが伝わらなければ相手とのスムーズなコミュニケーションができない。そのため嘘偽りなく話し、価値のある時間にすると良い。

また、常に話し続けるのではなく、効果的に沈黙の時間を設けることで、物事がスムーズに伝わることもある。頭に浮かんだことをすぐに口にするのではなく、「間」も大切にして話すのがよい。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会