話し方教室東京 コラム-医師は、患者と効果的に話すコミュニケーションスキルを習得せよ!

医師はコミュニケーションで、患者と信頼関係を築く必要がある

医学部の最初の2年間は、学生が集中的に医学について勉強する必要があるが、臨床ローテーションを開始するときに、患者と効果的に話す方法を学ぶことも同じくらい重要だ。

米国医学協会が記事で、患者とのコミュニケーションを円滑にするためのシンプルな方法を述べているので紹介しよう。

医師が真剣に向き合っていると感じさせるためには、アイコンタクトを行い、名前を呼ぶ回数を増やすなどして、患者との関係を深める必要がある。患者の話にもしっかりと耳を傾けることも大切だ。

医師の話し方は決めつけるより、励まし共感すること

医師は、患者に健康や生活習慣などについてより詳しく質問して、医者として何ができるのか説明することで、患者がより深く話をしてくれるようになる。

また、医師の話し方は決めつける言葉をかけるよりも、励ますことに注力することで、共感していることを示すことができるものだ。言葉だけでなく、非言語的な部分でもその表現は可能だ。

さらに、患者とのコミュニケーションをより良好なものにするために、フィードバックを求め改善していくことも忘れてはならない。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓