話し方講座コラム-ビジネスを成功させる顧客とのコミュニケーションのあり方とは?

マニュアルを読むだけの会話ではなく、ポジティブに対応する

ビジネスの世界でコミュニケーションがしっかりできないと、チャンスロスや顧客を失うことにもつながる。顧客優先のコミュニケーションが必須であり、質の高い直接的なコミュニケーションはその会社への信用を高め、成功にもつながっていく。では如何にして、顧客とコミュニケーションをとっていけば良いのか、その方法をインボイスベリーが記事で紹介している。

まずは、顧客と話す際、マニュアルを読むだけのような話し方は避けるべきだ。例えば顧客から在庫のない商品について注文を受けた場合、「現在は在庫切れですので、2週間後に改めてお問い合わせください。」など、否定的な回答をすると顧客は離れていってしまう。在庫が入り次第、メールや電話などをするといったポジティブな対応を心がけるべきだ。

顧客の声を傾聴した上で回答し、顧客にフィードバックを求める

どんなシチュエーションであれ、コミュニケーションにおいて非常に重要な要素となるのが、「聞く」ことである。顧客は自身の話がしっかり聞かれ、質問も的確に回答してもらえるかを重要視している。そのため、話を遮らず、最後まで聞いた上で回答するべきだ。また、質問される内容を予想しておき、回答のための準備をしておくことも忘れてはならない。

また、顧客にフィードバックを欠かさず求め、コミュニケーションの改善につなげることも大切だ。フィードバックは、顧客の満足度の改善にもつながり、会社と顧客との認識の溝を埋める重要なものとなっていくだろう。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/ビジネスコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会