話し方教室東京 コラム-中小企業のリーダーが実践すべきコミュニケーションとは?

リーダーがメッセージを送る際にはより多くの労力をかけること

ビジネスの性質が過去数十年変わってきており、中小企業におけるリーダーの役割にも変化が訪れている。今日では日常業務でより積極的な役割を果たすことが重要とされており、スタッフや顧客などと効果的なコミュニケーションをとることが求められる。

では、中小企業のオーナーが実践すべきコミュニケーション方法にはどういったものがあるのか、ニューワイヤーが紹介している。

様々なテクノロジーが生まれ、メールだけでなくソーシャルメディアやテキストメッセージなど文字で物事を伝えることが多くなった今、誤解が生まれやすいことも事実だ。そのためリーダーは他の人にメッセージを送るときは、より多くの労力をかける必要がある。

スタッフや顧客の声をきちんと聞く、リーダーのメッセージを確実に伝える

スタッフや顧客などの質問や問題、懸念事項に耳を傾けることも大切だ。聞いたことを全て実行に移さなくとも、その「聞く」という行動が大きな変化をもたらすだろう。

また、事業展開において新しい戦略に切り替えても、同じコンセプトを繰り返すことは珍しくない。あらゆるコミュニケーションツールなどを通じて、メッセージが確実にスタッフに伝わり、理解されるようにすると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/社長の高度話力開発・専門特化コース

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/リーダーシップコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供