話し方教室東京 コラム-チームワークを強化するリーダーシップコミュニケーションとは?

リーダーはフィードバックができる環境を作りメンバーの話をよく聞く

アントレプレナーでは、リーダーとチームメンバーのコミュニケーションを促進させるヒントとして、起業家の意見を掲載している。

チーム内は、フィードバックができる環境を作ることが大切だ。ビジネスでは重要な決定を迅速に行わなければならないこともあるが、明確なフィードバックを受け取ることができる環境であればいざというときの決断にも助けを求めやすく、またあらゆる状況に対応しやすい。

チームで話す場合は、リーダーは耳を傾けてよく理解し正しく評価すること。そしてスタッフやチームが成功した場合は、それを祝い成功を褒め称えながら、改善点がある場合には「次回は別の方法でやってみよう」などのフォローを入れることも大切だ。

グループをまとめ、チームワークを強化するいくつかの方法

リーダーとチーム間のつながりも大切だが、1人グループリーダーを立てワンクッション置いた助言や指示を行う方法も有効だ。リーダーは自身の仕事に注力しながら指揮を分担することができ、チームは指示を仰ぎやすい。

また業務改善や課題解決など、日常のワークフローなどに対する意見をスタッフに求めること。実際に業務を行う人たちの意見は最終的にスタッフの働きやすさ、効率化につながる。

業務連絡や情報共有にはコミュニケーションツールを活用する。これはスタッフと話し合い使いやすいものを選ぶ。そして仕事以外でも、チームビルディング活動としてイベントなどを開催するとチームワークが強化される。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会