話し方教室 コラム-リモートワーカーと効率的なコミュニケーションをとる!

リモートワーカーとのコミュニケーションでは情報は具体的に、絞り込む

企業にリモートワーカーがいる場合、より透明性の高いコミュニケーションをすることで、オフィスワーカーとの情報共有などがスムーズに行えるなど様々なメリットがある。

ではいかにして、リモートワーカーと効率的なコミュニケーションをとっていくのか、その方法をザピアーの編集チームが紹介している。

リモートワーカーとは、ビジネス向けチャット「Slack(スラック)」などでコミュニケーションをとることが多くなる。対面してコミュニケーションをとるわけではないため、情報などは具体的に伝える必要がある。

場合によっては、不要なコンテンツを減らして、関連するページに誘導するURLを記載するだけでも、求められている答えが提供できるだろう。

専門用語を避け、ハッシュタグの有効活用を

リモートワーカーとのコミュニケーションにおいて、専門用語を多用してしまうと、「〜は一体何なのか?」といった質問があるなど、不要なやりとりが発生してしまう。そのため、可能な限り専門用語の使用を避けるべきだ。

また、ハッシュタグをつけておくことで、リモートワーカーがスムーズに情報へアクセスできるようになる。更にコミュニケーションの種類の分類にもつながるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/ビジネスコミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供