話し方教室東京 コラム-職場での話し方・聞き方のスキルを向上させる!

職場でのコミュニケーションは、相手が理解し、行動に移せる伝え方を

エデュケーション・エグゼクティブが、職場でのコミュニケーションについて、効果的な方法を紹介している。組織の中では人間関係の形成と問題解決を促し、作業効率のために無駄をなくすコミュニケーションが必要だ。

実業家のフランクリン・コヴィー氏は、「終わりを念頭に置いて話を始めなさい」と言っている。

職場でコミュニケーションを取ることは、例えばメールで多くの返信を促すことではなく、結果を理解できる内容を伝えることだ。つまり、伝えた相手が行動に移せるよう、影響を与えることが大切になってくる。

データに基づき、それが何を意味するのか明快に話すこと

すべての会話の基本は、人間関係がもたらす価値を再認識することだ。毎日の業務の中で問題を解決し、再定義の積み重ねによって組織が作られていく。

そして問題を解決する立場であれば、データに基づいた洞察を行った上で話す。

事実や数字だけに固執するのではなく、明快にすることを目的にする。その数字がビジネスやプロジェクトにおいて何を意味するのか、どのような影響を与えるのかを理解させ、相手が働きやすい状況を作ることが大切だ。

さらに質問を予測し、会話の中に折り込むことによって、相手の理解を助け、効率的に働くことができる。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院 東京/職場コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会 提供