話し方教室「職場における難しい性格を持った人へ関わるコミュニケーションスキルとは?」

難しい性格の人には、質問を工夫して関わっていく

誰でも職場では様々な性格の人と、一緒に働いている。

しかし中には、話を聞かない人など、しばしば関係を持つことが難しい性格の人がいるだろう。そのような人への対処方法を、マーチン・ウェブスター氏が、「リーダーシップ・ソーツ」の19日の記事において紹介している。

まず、そういった人物には、一言の回答で終わらせない質問「自由回答形式の質問」を投げかけると良い。そうすることで、より発言するようになり、職場の人たち、そして仕事などにも深く関わるきっかけになっていく。

相手の回答を辛抱強く待つ、話を積極的に傾聴する

また、一度質問を投げかけたら、回答が得られるまで、辛抱強く待つべきだ。何も言葉を発さなくなったり、雰囲気が重くなったりしたら、回答がしやすくなるように救いの手を差し伸べることも必要になってくる。

また、相手が回答するようになったら、積極的に聞くようにする。もしその回答が不明確なものであったら、詳細が明らかになるまで「自由回答形式の質問」をしてあげると良いだろう。とにかく、聞く姿勢を示すことが大切だ。

話し方教室の視点「難しい性格の人と関係を築くコミュニケーションスキルのポイント」

1.難しい性格の人には、一言の回答で終わらせない質問「自由回答形式の質問」を投げかけると良い。そうすることで、より発言するようになり、深く関わるきっかけになっていく。

2.また、一度質問を投げかけたら、回答が得られるまで、辛抱強く待つ。相手が回答するようになったら、積極的に聞くようにする。

どこの職場にも、他人とうまく関係が築けない性格の人がいるものだ。そうはいっても、仕事はチームで行うものであり、彼らを除外して進めるわけにもいかない。

しかし、そんな彼らも相手から関わって来てくれることを待っているのが実際である。だから遠慮しないで関わっていけばよいのだ。しかし、関わり方、関係の築き方に、少し気を使う必要はある。

その関わり方には、質問、傾聴、承認が鍵になる。ちなみに、これらはコーチングでよく使われるスキルである。

他人と関わっていくコミュニケーションスキルの習得には、やはり訓練が必要である。定評あるスクールで学ぶのがお勧めだ。話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院が東京にある。ご利用になるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会