話し方教室コラム-リーダーは効率的なコミュニケーションスキルを身につけよ!

リーダーは対面でメッセージを明確に伝える必要がある

プロジェクトなどを成功に導くために欠かせないのが、リーダーとしての効率的なコミュニケーション・スキルであるが、重要視されないことが多い。効率的なコミュニケーションの妨げになっているものを認識することで、職場環境の改善も図れるとして、ビッキー・ウェブスター氏とマーチン・ウェブスター氏が、リーダーシップ・ソーツの記事で紹介している。

まず、メッセージを明確に伝えられていないことが挙げられている。話している本人が、何を言いたいのかはっきりしていないことが多く、曖昧な表現になってしまっている。

また、コミュニケーションの方法もEメールなど、文字だけで済ます人がいるが、しっかり対面して話すほうが、確実に物事が伝わることを認識しておくべきだ。

認識の食い違いを防ぎ、コミュニケーション・チャンネルを確保すること

双方の観点の違いで、物事の認識がずれてしまっていることもある。統一した考えのもとに、コミュニケーションをとることで、会話をスムーズに進められるだろう。

また、情報を交換したり、報告したりするチャンネルがないと、意思疎通がとれないため、しっかりと確保しておくことも重要だ。

■ 記事関連・話し方講座/職業人必須の2大コミュニケーション能力開発コース

話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/リーダーシップ・コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会