話し方教室東京 コラム-リーダーはバランスの取れたコミュニケーション術を習得せよ!

リーダーのコミュニケーションは、優しさと厳しさのバランスが大事

リーダーは、部下に難しい話をしなければならないとき、どのように接するべきだろうか。フォーブスでは、リーダーはバランスの取れたコミュニケーションが大切だというエグゼクティブコーチングの専門家の意見を掲載している。

かつてのフランス皇帝ナポレオンは、表向きは優しいが中身は厳しい言葉を使っていた最初の人物とされており、「ベルベットの手袋をはめた鉄拳」と表現されていた。これは現代でも、リーダーが部下を叱咤するときに直面する状況だ。

優しい口調では相手に届かない、だが厳しい口調では怒りなどを買ってしまう。専門家は、コミュニケーションはバランスが大事であり、どちらの表現も必要だと述べる。

普段から信頼関係を築き、ネガティブな会話は反応を想定して対策を

部下に叱責などネガティブな話をしなければならないときは、それが目標達成または利益につながるなど、話の根本を理解してもらう必要がある。相手を責めるのではなく、その話の重要性を強調することが大事だ。

部下またはチームに納得してもらうためには、話をする前にあらゆる反応を想定して対応を考えておくこと、話したあとはサポートすることをきちんと伝えることだ。

また普段からチームとの信頼関係を築くことが大切だとしている。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会