話し方教室東京 コラム-職場でのコミュニケーションを円滑にする秘訣!

自分の考えをオープンに話す、相手の視点や意見も尊重する

多様化が進められているビジネスの現場では、コミュニケーションが一層重要になっている。「グッドメン プロジェクト」では、職場でのコミュニケーションを促進するためには精神的なつながりが必要であると解説している。

これまではビジネス上の関係構築というとキャリアをサポートするために行う傾向にあった。しかし、現場が多様化し様々な考え方や文化を持つ人が集まる中では、互いに協力するために情報をチームで共有する必要があり、そのための関係構築という面が大きくなっている。

関係の構築はオープンなコミュニケーションが鍵になり、自分の考え方や視点、仕事に対する意気込みや懸念を示すことである。その場合はもちろん、相手の視点や意見も気にかけ尊重することが大切だ。

会議でリーダーは発言を独占しない、従業員は他人の話を中断せずに聞く

会議は相手の考えを理解し議論する場であるため、リーダーは会議での発言を独占しないことが大事だ。またリーダーは、プロジェクトに臨むときには、コミュニケーションを取りやすい環境の設計にも配慮しておきたい。

会議で従業員は相手の話を中断せず聞いてから意見する。意見の衝突や議論を止めることは難しいが、自分のアイデアだけに固執するのではなく、様々な可能性を広げる場と考えることが大切だ。それがコミュニケーションを促進することにもつながっていく。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会