日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室ブログNo.5:『ラーメン通りま~す!』

 皆さんは、ラーメンはお好きですか?私はもう、大好きで、仕事で出張する時は「魂のラーメン」(プレジデント社)をカバンにしのばせて持っていくほどです。(ちなみに、この本には全国の本当にうまいラーメン屋さんがのっています。)

 先日、福岡で仕事をしました。この地は私の故郷でもあり、この世で一番好きな所です。その福岡が「トンコツ・ラーメン」の本場であることは、きっと皆さんご存じのことでしょう。

 その福岡出張のおり、昨年からずーっと行きたいと思っていた「ラーメン・スタジアム」にやっと行くことができました。(「キャナル・シティー」の中にあり、北海道から九州までの有名店のラーメンが味わえるようになっています。)

 そこで一番行列のできるお店は、地元福岡、トンコツ・ラーメンの有名店です。私は行列するのは嫌いなのですが、今回ばかりは並んで待ちました。味は、子供の頃によく食べたおいしいラーメンの味に似ていて、私にとってはとても懐かしいものでした。

 ついでに仕事柄、私はこのお店の言葉づかいに興味をもってしまいました。
 食事処で、料理の載ったお盆を運ぶ時に耳にする言葉に「後ろ通りまーす」、「前を失礼しまーす」というのがありますね。その言葉を聞くと、近くにいるお客さんはぶつからないように、少し気をつけてくれますよね。

 ところが、このラーメン屋さんは一風違っていまして、「ラーメン通りま~す」と言うのです。こういわれると、聞かされた方は「こぼされたら熱いし、服もべたべたに汚れるなー」とすぐに連想できます。ですから、お客さんはぶつからないように、少しではなく、うんと、気をつけてくれるわけです。言葉づかいもうまいもんだなあと感心した次第。

 これは使えますよ~。かき氷のお店なら、「いちごの、かき氷通りまーす」。鉄板焼きのお店なら、「焼けた鉄板通りまーす」。ついでに、理科実験室なら、「硫酸、塩酸通りまーす」。これなら、偶発的な事故もなくなりそうですね。

 皆さんの会社、工場、お店、ご家庭でもご活用になってはいかがでしょうか。
 ちなみに、かのラーメン屋さん、久留米大砲ラーメンといいます。味わってみますか?

 (C)酒井美智雄


話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門 日本コミュニケーション学院 
  • 2003年8月01日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。