日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室ブログNo.6:『2本の歯ブラシ』

 皆さんは、歯磨きをしますか?もちろん毎日磨きますよね。殆どの方は朝晩磨いていらっしゃることでしょう。OLの方でしたら、昼食後にも軽く磨くのではないでしょうか。
 では、自宅の洗面所に、いつも使っている自分の歯ブラシは何本ありますか?「変なことを聞くなあ。そんなもの1本に決まっているだろう!」という声が聞こえてきそうです。

 私の場合は常時2本あります。もちろん、同時に使うわけではありませんよ。(もっとも、2本同時に使えば、磨く時間は半分になるなと考えることはよくありますが・・・。)

 実は、朝と夜とでは使う歯ブラシを替えているのです。なぜなら、同じ歯ブラシでは、同じところを磨き残してしまいますから。ですから朝は、「毛の太さは普通のハブラシ」に、「練り歯磨き」をつけて磨きます。そして夜は、「毛先が尖った極細ハブラシ」を使い、歯磨きは「水歯磨き」を利用します。歯と歯の少しのすき間も磨けるようにするためです。

 なぜ、そこまでするのかというと理由があります。私は小学校の頃から、虫歯がありません。いえ、小学校卒業以来30年間は無かったのです。これはささやかな自慢でもありました。そのため、たまに歯石をとりに歯医者さんに行くと、虫歯のない客は珍しいらしく、医院のスタッフの方が入れ替わり立ち替わり、私の口の中を覗きにきたものです。

 そんなムシ歯のなかった私が、ある時、小学卒業後30年目にして、とうとうムシ歯を患ってしまいました。これはもう、ひじょーに、悔しかったですねえ。そのムシ歯のできた位置が、奥歯と奥歯のほんの僅かなすき間部分の片側で、うまく磨けなかった所です。

 そこでムシ歯に懲りた私は、予防対策を思案しました。そして、それまでは1種類のハブラシだけを使っていたのですが、それ以後2種類のハブラシを(それとおまけに2種類の歯磨きも)交互に使うことを思いついたのでした。それ以来自宅に自分のハブラシが2本あるのです。(さらにだめ押しで、糸ようじまでも、しばしば併用しています。)

 皆さんも、ムシ歯に懲りたことはありませんか?ムシ歯のない健康な歯で、おいしく食事をいただくのも、ささやかな幸福の一つに違いありませんよね!
 では、どうぞ次回まで、よい歯で、よく噛み、Good Life を。

(C)酒井美智雄


話し方教室・あがり症克服・コミュニケーション教育の名門 日本コミュニケーション学院  
  • 2003年9月01日

コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。